大和当帰(ヤマトトウキ)と冷え性に関する論文

畿央大学の学生の論文を紹介します。

「大和当帰茶の継続的な飲用による若年女性の冷え性改善作用」

 

【検証内容】

起床後と就寝前の1日2回、それぞれ「焙煎大和当帰葉茶」200mlの飲用を2週間続ける。

 

飲用開始の2週間後に起床後の手指(末梢)の体表面温の上昇を確認。

冷え性の自覚症状の改善。

短期間の飲用ではなく、継続的な飲用が効果的である。

大和当帰葉に含まれる「リグスチリド」に血管を拡張させ、流れをよくする作用がある。

 

大和当帰の継続的な飲用は冷え性を改善する可能性が期待できる

 

 

———————————————————-

 

今回の論文の検証にも使用された「焙煎大和当帰茶

ノンカフェインで就寝前にも飲みやすいです。

春夏の隠れ冷え症対策にも、どうぞ。